Rip Curl Team

INTERNATIONAL TEAM

Mick Fanning

Mick Fanning(ミック・ファニング)

Gold Coast, Australia
(オーストラリア・ゴールドコースト)

3度のサーフィン世界チャンピオンに輝いた経験を持つ、オーストラリアを代表するプロサーファー。2015年、南アフリカのジェフリーズベイで行われた「J-Bay Open」の決勝戦で、サメに襲撃されたものの無事に救出される。

@mfanno
Tyler Wright

Tyler Wright(タイラー・ライト)

Culburra, New South Wales, Australia
(オーストラリア・カルバーラビーチ)

14歳の時にWCTイベントで優勝という最年少記録を誇るオーストラリアのプロサーファー。22歳ではじめて世界チャンピオンに輝き、その2年後に2度目の世界タイトルを獲得。プロサーファーとしてだけでなく、一人の女性としてさまざまな面で活躍し続けている。

Gabriel Medina

Gabriel Medina(ガブリエル・メディーナ)

Praia de Maresias, em São Sebastião, Brazil
(ブラジル・サン セバスチアン)

サンパウロから車で約4時間の場所にあるマレシアスの町でブラジル初の世界チャンピオンを目指したガブリエル・メディーナ。2011年に経験の浅い新人として世界ツアーに参加した彼はすぐにランクをあげ有名になりました。 現在は2度の世界チャンピオンに輝き、ブラジルのサーフィンヒーローであり、世界最高峰のサーファーです。

Bethany Hamilton

Bethany Hamilton(べサニー・ハミルトン)

Hanalei, Kauai, Hawaii
(ハワイ・カウアイ島)

ベサニー・ハミルトンは多くの逆境に直面していながらも、彼女の優雅さや謙虚さ、前向きな姿勢でさまざまな課題を克服し、限界を押し広げてきました。 愛情深い母として、献身的な妻として、情熱的なサーファー、サーチャー、演説家、ヒーローとして、これからも彼女はより多くのことに敢然と立ち向かっていきます。

Conner Coffin

Conner Coffin(コナー・コフィン)

Santa Barbara, CA, USA
(アメリカ・サンタ バーバラ)

カリフォルニア屈指のポイントブレイク“リンコン”のあるサンタ バーバラで生まれ育ったコナー・コフィンは、水中を急降下するパワフルなスタイルで有名なプロ。サーファーです。バレルへの愛情と世界で最も大きな波のパイプラインでの長年の経験により、手強いサーファーとして世界に知られています。 また、彼はギターなどの音楽活動なども行なっています。

Owen Wright

Owen Wright(オーウェン・ライト)

Culburra Beach, NSW, Australia
(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州・カルバーラ・ビーチ)

ニューサウスウェールズ州サウスコーストの小さな町で育ったオーウェンは幼少の頃からサーフォンに慣れ親しみ、2010年にはQSを破り、ワールドツアーのエリートランクに入りました。2015年にパイプラインで脳に損傷を負ったものの、1年間のリハビリ期間を経てツアーに復帰しました。 現在はワールドツアーにフル復活し、パートナーのキタ、息子のヴァリと一緒に旅をしながら最初の世界タイトルを争っています。

Mason Ho

Mason Ho(メイソン・ホー)

Sunset Beach, Oahu
(オアフ島・サンセットビーチ)

伝説のプロサーファー、マイケルホーの息子であり、世界チャンピオンのデレクホーの甥であり、ワールドツアーアスリートのココホーの兄弟であるメイソンは、ハワイのサーファー一族として歩み続ける唯一無二の存在です。どんな危険な岩場や珊瑚礁なども恐れないメイソンのサーフィンは見ている人たちを飽きさせません。

Tyler Wright

Rosy Hodge(ロージー・ホッジ)

San Clemente, California
(アメリカ・カリフォルニア州・サンクレメンテ)

南アフリカのジェフリーズベイの静かな海辺の町で生まれたロージーホッジは、世界最高のライトハンダーの一人です。 ワールドツアーに4年間参加した後、ロージーはWSLのコメンテーターとして活躍。リップカールの”The Search”メンバーとして参加しています。

Tom Curren

Tom Curren(トム・カレン)

California, USA
(アメリカ・カリフォルニア)

史上最高のサーファーの一人、トム・カレンはカリフォルニア、サンタバーバラのリンコンで、その完璧なスタイルを確立しました。3度の世界チャンピオンとしてだけでなく、サーフ業界のパイオニアの一人であるトムは、最初の「サーチャー」の一人でもあり、未開拓の波を見つけるために地球の果てまで旅をしてきました。少し控え目で謎めいた雰囲気が魅力的なトムは、サーフィンの歴史の中で伝説となっています。

JAPAN TEAM

Amuro Tsuzuki

Amuro Tsuzuki(都筑 有夢路)

Kugenuma, Kanagawa
(神奈川県・鵠沼海岸)

4歳の頃、埼玉県から神奈川県藤沢市の鵠沼に移住し、11歳の頃から本格的にサーフィンを始める。パワフルなサーフィンを武器に15歳の時にプロのライセンスを取得、16歳から本格的にツアーを回り始め、WSLジュニアで初優勝を獲得。プロ転向後は千葉の一宮にも拠点をもち、WJCで日本人初の世界ジュニアチャンピオンとなり、2020年にはWSLのCT入りするなど日本を代表するトッププロサーファー。

Anon Matsuoka

Anon Matsuoka(松岡 亜音)

Chikura, Chiba
(千葉県・千倉)

南房総千倉の海の前でサーフショップを営む両親のもとで育つ。0歳から海と戯れ、3歳でボディボード、4歳でサーフィンを始める。10歳で単独カリフォルニア修行に行き多数成績を残す。2019年はオリンピックジュニア強化、2020年、2021年は強化B指定選出。 現在も世界に向けてトレーニング中。

Hinako Kurokawa

Hinako Kurokawa(黒川 日菜子)

Osaka
(大阪)

両親がサーフィンをしていた影響もあり、幼少の頃から海に慣れ親しんだ環境で育つ。10歳の頃から本格的にサーフィンを始め、中学生の時には大阪から四国へ移住。2018年のWSGでは日本女子最高位をマークするなど、オーストラリアと日本を拠点に活躍する日本のトッププロサーファー。

Hiroto Mori

Hiroto Mori(森 大斗)

Toyohama, Shizuoka
(静岡県・豊浜海岸)

5歳からサーフィンをはじめ、すでに10年以上の経験を積む期待の星。 1年のうちの3分の1はオーストラリアで生活し、日本のみならず海外でも活躍する選手として試合に励んでいる。

Manoa Kono

Manoa Kono(河野 真ノ彩)

Ichinomiya, Chiba
(千葉県・一宮)

日本屈指のサーフポイントという恵まれた環境で生まれ育ち、小学1年生から本格的にサーフィンをスタート。コンペティターとしてサーファーとしてトップアスリートを目指し、その為の技術を上げるべく日々取り組み励み続けています。

Nalu Awada

Nalu Awada(粟田 生)

Tateyama, Chiba
(千葉県・館山)

プロサーファーの両親や兄の海(カイ)の影響もあり、小学生の時からサーフィンを始める。中学生になって本格的にコンテストに出場し、NSAジュニアクラスではグランドチャンピオンに。17歳でプロのライセンスを取得し、長い手足を生かしたスタイリッシュなサーフィンで観る人を魅了する日本のプロライダー。

Riki Sato

Riki Sato(佐藤 利希)

Fujisawa, Kanagawa
(神奈川県・藤沢市)

神奈川県藤沢市出身の佐藤は現在、千葉県一宮町で暮らしている。 チューブ好きな彼は夢に向かって頑張る期待の次世代サーフスター。